SINCE 1989

モケレンベンベとは、アフリカのテレ湖に棲むという幻の恐竜です。
その意味は「虹とともにあらわれるもの」。
私たちは既成のワクにとらわれず自由な表現活動をめざしているプロジェクトです。
1990年より演劇公演、各種ワークショップ、映画上映会などを行ってきました。
2015年、拠点を札幌に移し、「虹のしっぽ」と名付けた場所にて活動中。
「hot cafeほっぺた館」、民泊も始めました。

【お知らせ】
 ほっぺた館プロモーションビデオはこちら!
-------------------------------------------------------------------------------
2019年10月5日(土) 「虹のしっぽ 夕暮れドキの足浴朗読会」
hot cafeほっぺた館閉店後17時より開始!

日暮れも早まり秋風が冷たくなる時期、山々と大空を眺めつつ、ほっこり足浴しながら、みなさんで本を朗読しませんか?

『アネサラ シネウプソロ アイヌとして生きた遠山サキの生涯』を読もう!

遠山サキフチは、浦河町姉茶で生まれ育ち、厳しい時代をくぐり抜けて大地に根を下ろしながら
アイヌ文化伝承の第一人者として貢献されました。
多くの人に惜しまれながら2018年12月15日にご逝去されましたが、長女である弓野恵子さんが聞き書きを重ねながら
一冊にまとめられました。弓野恵子さんはモケレンベンベ・プロジェクトの活動に以前からご協力頂いている関係で、
このたびも「皆さんで読んでいただけるのは嬉しい」と使用を快諾して下さいました。
本の紹介も兼ね一部を皆さんと読んでみたいと思います。ぜひお気軽にお越し下さい。

参加費1,500円(ほっぺた館 軽食+ドリンク付き)
定員:8名

虹のしっぽ hot cafe ほっぺた館にて要予約 
 
 
 ---------------------------------------------------------------------------- 
-虹のしっぽの民泊-
 虹のしっぽは、山あいの自然に囲まれた景色の良いところ。
ほっと一息深呼吸できます。ちょっとお茶飲みに、またはゆったり保養に
どうぞお気軽にお越し下さい!
・サービス内容・ハウスルールはこちら!
 
  場所:虹のしっぽ(札幌市南区簾舞4条3-4-25)
* 交通
「札幌駅バスターミナル中レーン12番のりば」…定山渓・豊平峡温泉行もしくは豐滝行 乗車60分「東簾舞」下車徒歩5分
または
「真駒内駅バスターミナル4番のりば」…定山渓・豊平峡温泉行もしくは豐滝行 乗車30分「東簾舞」下車徒歩5分
お問合せ・予約先: モケレンベンベ・プロジェクト(及川) tel&fax 011-206-0804  
mail:mokele★rr.iij4u.or.jp  ★を@に変えてください。
hot cafe ほっぺた館 バックナンバー
更新日:2019年09月10日